「不幸にして突然の事故や不慮の死にというアクシデントがあります。最大の注意を払っていても起きる事のある事柄。そのような時、運営側の素早い適切な対応は事業運営者のリスクマネージメント力です。

労務や法的な解決は時間が必要です。

 

近年そのような事故が発生した後の早急に課題は、人心の安定『マインドケア』です。臨床心理士はそのような場面で、園運営のリスクマネージメントにもお役に立っています。

 

関係者の「人心の安定に対する備え」こそが園運営におけるリスクマメージメントといえます。